カジノデッドヒート

casino-online

カジノデッドヒート

現在、国会に提出予定のカジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法案を巡って最大の争点となっている整備箇所数が取り上げられました。 自民党のプロジェクトチーム(PT)が取りまとめた論点整理案の全容が2018年の3月15日、明らかにしたことは焦点のIRの整備箇所数については立地を希望し、準備を進めている地方の声にも配慮すべきだと指摘して全国で少なくとも4、5カ所にすべきではないかと明記しました。 その一方、公明党内のこれまでの議論では、全国で2、3カ所にとどめるべきだとの声が多数を占めていて自公両党による与党協議では調整の難航が予想される見込みのようです。 カジノの入場料金に関しても当初の政府案の1回当たり2000円からの引き上げを容認したものの、モデルとなるシンガポールとわが国の1人当たり国内総生産(GDP)の格差などにも配意されるべきだとして、大幅な引き上げをけん制した模様です。 オンラインカジノをおすすめします。

casino-online

カジノの面積制限についても、最大1万5000平方メートルに規制する政府案の緩和を要求しました。カジノを運営する事業者に課す納付金(カジノ税)の水準については、政府案で示したカジノ収入の30%という水準は高すぎるのではないのかとの見方も出てきています。 いろいろ各党の思惑が入り乱れている状況の中、自民党のIR実施法案の重要論点に関する意見集約で、最大の焦点となる認定区域数の上限(法定事項)について、「少なくとも4、5カ所にすべき」と明記したと報じました。 その一方での公明党案はギャンブル依存症対策に重点を置いており、与党内の温度差が改めて浮き彫りになった模様です。この様に厳しい規制を求める公明との与党協議は今後も難航が予想される様です。オンラインカジノをおすすめします。

今後、全国各地でIRの誘致の検討が進む中、各地の自治体、経済界は、早期にIRの誘致を検討して決定しなければなりません。 政府はIR実施法案の成立後、速やかに地域、自治体からの提案募集を実施する見通しです。IR議連では、IRの地理的な配分ついて、「全国に10ヵ所ほど、道州制における広域ブロックに一つずつほど」の考え方を共有同一ブロック内で二つ以上の誘致エリアがあれば、競合関係となると見込んでいます。神奈川県の横浜港運協会は、公開勉強会「ギャンブル依存症を考える」を開催して港湾関係者や各会議員(国、県、市)などを中心に、約600名が参加しました。横浜港運協会の主張では「山下ふ頭再開発は、カジノなしのリゾートであるべきと主張しています。 又、千葉では国会議員参加の「もし、幕張にIRが誘致されたら?」というイベントで主に、シニア世代50名が参加したもようです。

casino-online

IR誘致については、賛否両論ある中、一段の詳しい説明を求める声が相次いだ参加者はIRにおいてシニア向けの世界に誇る芸術音楽ホールや世界に誇るスポーツ施設を求める声が多かったようです。千葉市においては幕張テニスフェスタIR誘致説明会を併催~地域住民における賛同の声が広がっているようです。千葉市幕張のIR誘致活動は、地域住民、地元企業が主体で参加者にIR誘致機運の情勢への協力を要請しています。主催者グループは、草の根レベルのIRへの認知、理解形成への活動を展開しておりベイタウン住民におけるIR誘致賛同の声が拡がっていました。今回も参加者からの反対の声は聞かれず、賛同の声が多く挙がった模様です。全国自治体がカジノ法案を巡ってデスレースを繰り広げる事でしょう。