カジノに行く際のルール

世界屈指のカジノ

カジノに行ったことはありますか?日本人にとってカジノはあまり馴染みのないものですがラスベガスでは年齢制限や服装、チップやルール、マナー等をきちんと理解すれば誰でも気負わず気軽にカジノを楽しめます。中でもスロットマシーンはお薦めです。英会話の必要もなく一人でマイペースにプレイ出来るので最初はスロットマシーンから始めてみるのもいいかもしれません。でもカジノに行くのはちょっと勇気がいるという場合、オンラインカジノを先に試してみるのも良いかもしれませんね?

casino

世界屈指のカジノといえばやはりラスベガスと言えるでしょう。その他香港、マカオ、シンガポールでもカジノは体験できますがやはり本場のカジノ、老舗のカジノといえば誰もが知っているラスベガスではないでしょうか。初心者でも比較的プレイしやすいのはルーレットやブラックジャックが馴染みやすいゲームなので一度、オンラインカジノでチャレンジしてみては如何でしょうか。カジノ初心者がデビューしやすい時間帯は平日の昼間が狙い目です。

カジノに行く際のルール

◎ 年齢制限:入場は21歳以上でアメリカでは飲酒同様ギャンブル年齢制限は21歳未満は家族連れでも不可なので要注意。どこのカジノも21歳以上からで厳しくチェックされ身分証明ができない場合は退場を命じられます。

◎ 持ち物: パスポート所持( 国籍、年齢チェック )

◎ ドレスコード:ホテル宿泊者も多い比較的きっちりとした服装がベスト。カジュアル服装NGとはいえないが (ショートパンツ、タンクトップ、ビーチサンダル等は不可 )冷房がきついので防寒対策も必須。

◎ 写真撮影禁止: 何処のカジノでも店内撮影禁止。ビデオ、デジカメ、携帯電話などの撮影NG。見咎められるとカメラのデータ消去される可能性大。

◎ 営業時間:年中無休で24時間営業

◎ フリードリンク : カジノ内ではサーバーがトレーにソフトドリンクやお酒を乗せて徘徊しているのでスロットでもテーブルでもゲームプレー中に限定してドリンクフリート。但し席から立ちあがってドリンクをとる事はゲーム中断とみなされNG.(エチケットとしてチップを1ドル渡すのマナー )