フェラーリとメルセデスの優勝争い

日本では余り知られていない古い歴史の国 アゼルバイジャン

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の優勝争いが予想されました。ブックメーカーの予想でも反響を呼びました。 今年4月のGP結果は完走僅か14台、計7台のマシンがリタイヤを喫した2018年シーズン第4戦F1アゼルバイジャンGP決勝レースが開催されました。メルセデスのルイス・ハミルトンが大波乱のバクー市街地コースを制して今季初勝利を手にしました。2位は、レース開始早々にマシンを破損したフェラーリのキミ・ライコネンで猛追によってポディウムにまで返り咲きました。3位に滑り込んだのはフォース・インディアのセルジオ・ペレスで持ち前のテクニックで流れを変えてキャリア通算8度目の表彰台を手にしました。当社がお勧めするオンラインカジノで、アルバイジャンに行きませんか?

Azərbaycan

トロロッソ・ホンダ勢は2台が無事に完走しました。タイヤの熱入れに苦労し中々ペースが上がらなかったものの、ブレンドン・ハートレーが10位入賞を果たしました。昨年と比べて2ヶ月の前倒し開催となった今年のアゼルバイジャンGP。現地4月29日16時、レースは気温17℃と路面温度27℃のドライコンディションでスタートしました。秒速3mと、懸念されていたほどの強さではなかったもののカスピ海から吹き付ける強風が、F1マシンの挙動を大きく揺れ動かしました。 アゼルバイジャンの歴史を語ると波乱万丈と言えるでしょう。  残虐な帝王チムール、アレクサンダーが闊歩した歴史の国でソ連邦より市街戦で4500人の犠牲者を出して独立しました。

以外にもアゼルバイジャンではカジノが盛んで首都バクーではカジノが行えるホテルも沢山あり地元の人や観光客で賑わっている様です。又、アゼルバイジャンのバクー・シティ・サーキットで2018年4月にはF1アゼルバイジャンGPの決勝が行われました。バクー・シティ・サーキットは、アゼルバイジャンの首都バクーに仮設される市街地コースで、1周約6,000mの長距離コースで、2016年にはF1世界最速の時速378kmを計測した超高速サーキットです。ブックメーカーのオッズも行われておりこのGPでも、ポイントで激しい首位争いを繰り広げていました。

しかし、ソ連経済より隔離されて、隆盛を誇った石油工業は、独立後10数年をえても閑古鳥の状態で、産業は低迷状態を期していました。バクー油田は過去には、世界の石油の7割を生産した大石油油田地帯です。現在は、英国石油資本BHPの海底油田が収益となっています。人々は陽気で音楽があればすぐに踊りだすという民族でカスピ海美人も多い事が有名です。 日本に似て海に面した美しい四季の国。歌や踊りが好きな陽気な国民性で観光の穴場となっています。今後、オンラインカジノもさることながら本場カジノも注目度が高いでしょう。