韓国ピョンチャン・オリンピックいよいよ開幕です!!

pyonyan-olympic

2018年のピョンチャン・オリンピック開催

今回第23回2018平昌冬季オリンピックが開幕します。開催場所はお隣韓国の平昌、チョンソン、カンヌンで日程は2018年2月9日~2月25日(17日間)参加国約100か国7競技102種目の熱い戦いが繰り広げられようとしています。 スキーやスノーボード、ソリ、ジャンプ競技などが行われる平昌とマウンテン クラスターと、スケート競技が行われる江陵コースタル クラスターの大きく分けて2エリアで18日間にわたり競技が行われます。2018年2月9日に開会式を迎える平昌(ピョンチャン)オリンピック。気になるところ2月25日に閉会式を迎えるまでの期間中、 どの国が金メダルを獲得するのか102個の金メダルのうち、いくつ日本が獲得できるのかわくわくしますよね。競技初日にメダルの行方がわかるのはスキークロスカントリー、スキージャンプ、スピードスケート、ショートトラック、バイアスロンの5種目です。第1号の金メダルの行方はいかに・・・オンラインカジノで大きく当ててオリンピックを応援しましょう!

kankoku

さて、スポーツベットを展開している、各ブックメーカーオッズも冬季オリンピックの賭けがはじまっています。 まだすべての試合が対象になっているわけではありませんが、日本人の選手にも大きな期待が寄せられてすでに倍率も予想されています。中でもスキージャンプの生きるレジェンド、45歳の葛西紀明選手は候補にあがっているのは勿論のことですよね。 伊東大貴選手や高梨沙羅選手も期待の星です。小平奈緒選手や高木美帆選手にも注目度が高く挙がっています。短距離の大本命、小平選手が500m、1000mともに堂々の1位の倍率でまた、中距離を得意とする高木選手も1500mで1位倍率。1000mはダブル表彰台も夢ではないかもしれません。 さて、ブックメーカーさることながら韓国国内カジノ事情からいうとこの平昌オリンピックを見込んで国内初の外資系カジノプロジェクトを認可してカジノ大国・マカオやシンガポールに並んで中国人観光客を呼び込もうと計画しています。オンラインカジノで大きく当ててオリンピックを応援しましょう!

kankoku

韓国のソウルに旅行した場合、カジノを楽しむには、ソウルのヒルトンホテルや江南にあるセブンラックカジノに行くか、シェラトングランデウォーカーヒルにあるパラダイスカジノ・ウォーカーヒル・カジノにいく人が多いですが残念ながら統合型タイプのカジノと違って、こじんまり感がありカジノ内部の雰囲気もそれほど良いものではありませんでした。パラダイスシティは、これまえの韓国カジノと同様に、韓国人は入場できない外国人専用のカジノとして運営され、日本人スタッフも多く採用されるそうで北東アジアに初めて誕生する統合型カジノリゾート施設パラダイスシティは、韓国の空の玄関インチョン空港のすぐ側に完成します。2023年までにホテル、コンベンションセンター、ショッピングモールを併設する複合リゾートに拡大する計画です。 そして、2020年までに1,000万人の中国人観光客を呼び込む計画を立てているそうなので今後、日本人観光客も立地条件から言えば一番カジノを体験しやすい国になりそうです。韓国と言えばバカラやブラックジャック、ルーレット。ポーカーやスロットも充実しているパラダイスウォーカーヒルが有名です。 パラダイスウオーカーヒルではラスベガスやマカオのVIPルームも豪華ですが、韓国のVIPルームも負けず劣らず豪華絢爛のようです。

korea-japan

ちなみに、こちらのカジノでは高い金額を賭けてゲームを楽しんでいる客、長時間プレイしている客はVIP扱いでプレイ出来るようなので優雅な気分を味わいながらスペシャルサービスを受ける事が出来るようです。 マイレージカードというカジノで発行して貰える特典満載のカードたるものがサービスとなっているので是非作っておきたいもの。 ゲームの実績によってポイントがたまり、そのポイントはホテルやレストラン、免税店はもちろん、提携しているレストランでも利用できます。 カードを作るのにはパスポートが必要ですが、無料で即時発行できるので簡単です。しかも、一度作成すれば次回からカジノに入るのにパスポートが不要になるという嬉しいサービスもあるので是非お隣の国韓国のカジノも味わってみては如何でしょうか?