世界で人気のある競技・競馬

horse-riding

日本で人気の競馬

競馬は世界各国で人気がある競技で、その中でもギャンブルが禁止されているような国でも競馬だけは例外として認められていてギャンブルとして馬券を買う制度がなくても、馬を競わせる競技が人気を集めているケースもあります。競馬のルーツは紀元前12世紀のギリシャ競馬がもっとも古いと言われており、他のスポーツや文化みたいに発祥した国の文化が世界各国へ広まっていったのではなく、馬がある国ならば自然と何かしらの形で馬を競わせる文化はどこの国にもあったという所があります。馬の速さを競わせるという事自体は馬が家畜されるようになった頃からあると言われ、その歴史の深さを物語っています。オンラインカジノでスポーツベットを楽しみましょう!

horse-riding

日本においても戦国時代では馬が戦でも生活でも必要不可欠なものになっていたのは有名な事です。どんなに優秀な馬でも、それなりの数のレースをこなせば、全勝のまま引退できる馬はほとんどいなく、それぞれの馬は数々の道を歩んで、そのレースに挑んできます。競馬の中でも世界的に特に規模が大きい国はアメリカやイギリス・フランス・アイルランドなどをはじめとしたヨーロッパ各国。香港やドバイなどがあります。国際大会も多く、最近では日本馬のオルフェーブルが凱旋門賞に挑戦した時は、地上波でも生放送をするなど、大きいレースになると国をあげてその国の競走馬を応援するほどの盛り上がりを見せます。オンラインカジノでスポーツベットを楽しみましょう!

horse-riding

世界的な競馬のレースでは、ケンタッキーダービー、イギリスダービー、凱旋門賞、ブリーダーズカップ、アイリッシュダービー、ドバイワールドカップ、香港国際競走などがあります。ジャパンカップに関していえばこれまでにも7頭の凱旋門賞が、ジャパンカップに参戦し最近では2012年にオルフェーブルを破ったソレミアという馬が参戦し、凱旋門賞と同じマッチアップで注目を集めましたが結果は過去7頭の凱旋門翔馬はジャパンカップを勝つことができず、ジャパンカップは世界各国の馬からみたら鬼門のレースといわれているようです。

これは凱旋門翔馬が弱いという事ではなく、日本は世界の有名な競馬場とは違い、何もないところに一から芝生をまいてコースを作っており競馬場は世界の競馬場と比較して固いと言われているので芝によりコンディションが左右されることが一目瞭然です。競馬の市場規模は、馬券の売上で約2.3兆円という規模で、公営ギャンブルの中では群を抜いています。競馬はギャンブルの域を超えてストーリー性があり、お金を賭けなくても競馬を見るのが好きというファンが多く競馬の市場は侮れないものとなっています。競馬というのは賭け事以外の魅力も大きくテレビの地上波放送で生中継され、最近ではオルフェーブルの凱旋門賞の生中継や、深夜放送・BS放送などを中心とした競馬番組もあり競馬ファン
喜ばせています。WIN5の最高賞金が6億円になったことで、宝くじやロト6・TOTOBIGユーザーの流入も期待でき、日本の競走馬の全体的なレベルアップなどもあり、競馬市場は今後盛り上がりを見せてオンラインカジノ並みに人気を博していくでしょう。