ライブディーラーポーカーを学ぼう!

ライブディーラーポーカーで本場カジノを体験しよう!

ライブディーラーポーカーって何?

まずライブディーラーポーカーと聞いて、通常のポーカーとどう違うの?って思う人もいるかもしれません。通常のポーカーは、ディーラーの役がテーブル上で回転する勝ちか負けを競うゲームだとすると、ライブディーラーとのカジノポーカーは一人のディーラーと、ペイテーブルによってペイアウトが決まるハンドランキングを使って勝負を競うカジノゲームです。実際ライブディーラーと、ビデオポーカーは非常に似ており、ライブディーラーもビデオポーカーのように勝負の効率をあげることができるゲームです。当社がお勧めしているオンラインカジノ、カジ旅でぜひライブカジノを体験しましょう!

ライブディーラーポーカー・ルールと遊び方

ここで説明するルールは、ほとんどのポーカーの種類に適用します。テキサス・ホールデムが今最もポピュラーなためここでは、テキサスホールデムを中心にルール全般をご紹介します。ライブポーカーは 3つのカードの山のルール、ホールデムの一種でプレイヤーが2枚の持ち札を受け取り、5枚のカードフロップの前にベットを決めるルールでプレイします。多くのオンラインカジノでは、プレイヤーがゲームに参加する前にディーラ一目見ておけるようにディーラーギャラリーを提供しております。VIPメンバーの場合、自分のお好みのディーラーに自分が参加するゲームについてもらうことも可能です。カジノによってはプレイヤーとディーラーが会話をチャットを通してできることもあり、かなり親近感のわく、雰囲気や体験を作り出しています。

live-poker

どんなすぐれたゲームと同様、ポーカーは学ぶのは簡単ですが、完全にマスターするには一生かかると言われております。なので、毎回ポーカーをするたびに学ぶことは多くあるのです。使用するカードの枚数からハンドの強さの順番までたくさんの遊び方がありますが、ベットの大きさとゲームの構成はほとんど同じ理論を用いるので、プレイヤーは一番強い手を出すか、相手に強い手を出さずにいさせるか競争相手のチップを競うが目的です。

live-poker

ライブディーラーポーカーは、もともとカジノポーカーからきていて、一つのデックでプレイヤーがディーラーに対戦して勝負を競うゲームです。ハンドランキングはポーカーのルールに基づいてプレイヤーはより高いランクのハンドでより高いペイアウトを受け取る仕組みです。始めの持ち札が配られると、プレイヤーはアンティベットを置きます。3枚のフロップの後、プレイヤーは”フォールド”か”コール”をできます。もしディーラーのハンドがターンするのに満たない場合はプレイヤーのアンティベットはハンドの強さによって支払われます。もし両方とものハンドが十分でプレイヤーがコールしたらもう2枚の共通カードが引かれます。もし強制終了となってディーラーとプレイヤーが同じ強さのカードを持っていたら、プッシュとなり全カードは返却します。もしプレイヤーのカードが強ければ、コールを1/1でペイアウトします。

 

ポーカーのルールとハンド(持ち札)の強さの順

注意:このポーカーガイドのカードは以下のように表示されています。

A = エース
K = キング
Q =クイーン
J = ジャック
T = 10
9 = 9
H = ハート
D = ダイヤ
S = スペード
C = クラブ
例えばハートのエースはAHです。

 

ブラインドを決める

ほとんどのポーカーゲームではディーラーの左のプレイヤーが‘スモールブラインドを置きます。そのまた左隣のディーラーが‘ビッグブラインドを置きます。ほとんどの場合、スモールブラインドは普通ビッグブラインドの半分です。

使用するカード

ハンドはディーラーがカードを配る時からもう開始しています!テキサス・ホールデムでは、プレイヤーは2枚の表を下にしたハンドが配られます。ディーラーには ディーラーボタンがおかれ、時計回りにポーカーテーブルを回ってゲーム毎に次のプレイヤーに移ります。

ファーストアクション

フロップ(3枚目のカード)の前に(プレフロップ)ビッグブラインドの左のプレイヤーからアクションが始まります。このプレイヤーには3つのオプションがあります:コール(ビッグブラインドと同じ額を賭ける)、レイズ(ベットして‘ポット’の金額を上げる)またはフォールド(パスをして次の番を待つ)の3つです。

プレ・フロップ

テキサスホールデムやその他共通カードを使った遊びにおいては、プレイヤーはフロップを見るためにはお金を賭けないといけません。もし一人を除いて全員がフォールドしたら、そのゲームは終了です。

フロップ

フロップは3枚の共通カードを含みます。テキサス・ホールデムやその他の共通カード遊びは、新たなベットのラウンドがフロップの後に始まります。ですが、今回はディーラーの左となりの人が始めにアクションをとります。フロップの後はプレイヤーには5つの行動オプションがあります。

フォールド ー その回をあきらめ自分のカードを‘捨て札の山’に置き、ゲームを抜けることを意思表示します。
ベット — ポットの金額を増やすためにベットします。
レイズ — 自分の前のプレイヤーより高くベットします。
コール — 自分の前のプレイヤーと同じ額をベットします。
チェック – ベットをせずに次のプレイヤーの行動を待ちます。

ターンとリバー

新たなラウンドのベットが始まり、プレイヤーにはフロップと時と同じオプションがあります。最後のカードはリバーと呼ばれ、この後のラウンドでベットが終了となります。

ショーダウン

プレイヤーがポーカーゲームに勝つためには2つの方法があります。ショーダウン前に一人を残して残りのプレイヤー全員がフォールドする。一番強いセットのカードをショーダウンで見せる
勝ちの手はテーブルにある他のプレイヤーのハンドとの比較における相対ランクに基づいて決定されます。より高くランクされたハンドが、それ以下の全てのハンドに勝ちます。ポーカーのハンドは通常5枚からなりますが、中にはそうでないタイプもあります。テキサス・ホールデムでは、プレイヤーは2枚の手札を両方とも使わなくても構いません。両方とも使ってもいいし、手札の一枚と4枚の共通カード、又は5枚とも共通カードでもいいのです。勝利のハンドを持ったプレイヤーが賞金ポットを獲得します。複数のプレイヤーが同じハンドを持っていた場合は、賞金は山分けとなります。