オンカジ VS 日本将棋

shogi

オンカジ VS 日本将棋

将棋の発祥は、これまでギリシャ起源説、エジプ卜起源説など様々な説が唱えられてきました。しかし、近年の研究によれば、将棋の起源はBC200年~BC300年の時期に古代インドにおいて遊ばれたチャトランガという四人制のさいころ将棋であるという説もあるので このチャトランガが西流してチェスに、東南アジアを経て日本に伝来したと考えられています。古代インドでは王様が戦いの中心なので、「王」という概念が常識でした。古い文献や出土した駒の年代から推測しますと、平安時代の十一世紀初めには貴族の間で将棋が遊ばれていたことがわかります。

shogi

将棋界で人気を集めているひふみんこと加藤一二三・九段(78歳)に今回2018年春の叙勲受章者の中で旭日小綬章を贈られました。 ひふみんは顔をクシャクシャにして喜んで大変光栄なこと。「心より感謝しております。魂を燃やし今日に至りました」と感謝を述べました。将棋界での旭日小綬章は2003年の新規定になってからは、12年の故・米長邦雄永世棋聖以来の2人目となりました。「羽生善治さん、藤井聡太さんら将棋界の天才たちの将棋を研究したいです」とのことで将棋業界のリーダー的存在で今後の活躍が期待されています。

日本最古の駒は奈良の興福寺旧境内跡から出土した駒で、平安時代の1058年のものです。「玉将」は出土しましたが、「王将」はありませんでした。この様に日本における将棋の歴史は奈良時代以前に遡ることができるといわれています。奈良時代から現在に至るまでの悠久の年月の中で、将棋は様々な変遷を経て今の姿に進化しました。王将ができたのは、室町時代末期の南北朝時代、北朝と南朝という2人の天皇がいた時代のようです。「天に二君なし」という考え方から北朝と南朝は戦をするのですが、そうした時代背景の中、「王様が本当に偉くて、将棋でもそうでないほうに点をつけて玉ができた」という誤解から「玉将」が誕生したことになっています。

online-casino

現在私たちが指している「将棋」は「本将棋」と呼ばれるものです。皆さんご存知かと思いますが、使用される盤はタテヨコ9×9のマス目のもの、駒は(玉、飛、角、金、銀、桂、香、歩)の8種類ですがしかし、日本の将棋史上には、この「本将棋」以外にも、小将棋や大将棋など様々な将棋が遊ばれていました。時間を経るに従い、洗練されシンプルになっていくものです。現在の「本将棋」でもルールや駒の動きが難解ではありますが昔の将棋はもっと複雑でした。ちなみに大将棋だと、盤は15×15のマス目のもの、29種類130枚もの駒が使用されます。

江戸時代に将棋も参勤交代をきっかけに大きく発展した日本文化の一つだと言われています。当時は、大名に同行して江戸詰めとなった武士達が将棋道場に通う人が多くいたようです。江戸詰めの間に有段者として認定されて免状を取得する武士も少なくなかったようです。当時の有段者の免状はとても貴重なもので、関所で役人に提示して物申したとか。さて、この様に参勤交代によって江戸で将棋を学び故郷に帰ったときに地元で広がり全国各地で武士から町人などにも伝わるうちに、将棋のルールが自然と統一された経緯があるようです。将棋は早い段階で参勤交代により日本各地に広まり現在に至っているようです。そして、これが現在の将棋人気を支えているのでしょう。 将棋の醍醐味を吟味した上でオンラインカジノをプレイするとより一層 頭が冴えて一攫千金を狙えるかもですね??