純金融資産保有額の分

casino

アッパーマス層

全日本世帯中、約8%の順金融資産額平均は1億1千842万円になります。これを準富裕層と言います。一方、それ以下の91.75%の平均は、1千823万円でこれをアッパーマス層と言います。一世帯当りで準富裕層とそれ以下で1億円の資産の差があるのです。これは不動産等を除いた資産額なので大きく差が開いている事がわかります。このような資産を得るためにはぜひオンラインカジノをプレイしましょう!

純金融資産とは

個人の資産は金融資産(預貯金、株など)と実物資産(土地、自動車、飛行機、金など)に分類されます。金融資産から金融負債(借金、住宅ローンなど)を控除したものを純金融資産といいます。オンラインカジノをプレイしてぜひ税金対策しましょう!

純金融資産の性質はすぐに処分できる資産、すぐに現金化できる資産をいいます。つまり、急に資金が必要となった時にすぐに処分できる資産をいうのです。その点、実物資産である不動産はすぐに現金化する事は困難と言えるでしょう。

純金融資産と収入との違いとは

収入とは、いわゆる手取り収入です。つまり、毎年の自由に出来る金額の事を言います。
純金融資産は収入に対してこれまでに積み重ねてきた、すぐに換金可能な資産の事をいいます。この純金融資産保有額をコツコツと貯蓄していくことが富裕層につながる道なのですが、そのためには、収入をいかに増やしていくかが重要なポイントとなります。

国民生活基礎調査で分かる収入層

世帯の状況(平成27年度約59,000世帯調査)
◎総世帯数は5,036.1万世帯、平均世帯人員は2.49人となっています。その中での高齢者世帯(65歳以上がいる世帯)は1,271.4万世帯で全世帯の25.2%になります。前年は24.2%と比較しても高齢者世帯増加傾向にあるのが分かります。
◎児童のいる世帯における母の仕事の有無は仕事ありが68.1%であり、顕著に前年の65.7%から増加していることがわかります。

所得等の状況

所得の分布状況を見ると、相続金額や退職金額を含まずアッパーマス層の世帯所得は800万円以上1,150万円未満が該当することになります。夫婦とも年齢40歳以上の正社員での合算所得のケースや、自営業者のケースが多いでしょう。

この世代層としては子供の教育費用が最もかかりますが、毎月の積立貯蓄は可能な層と予想されます。しかしながら2016年からの日本銀行のマイナス金利政策により、預貯金の利息は非常に低い状況な事も事実です。ですから将来の子供の結婚や老後資金の蓄えのためには、積極的な投資をしていかなければならないと言えます。アッパーマス層では貯蓄だけでなく、積極的な投資を進めるといいでしょう。少しばかり冒険をしてオンラインカジノで一攫千金を狙うのも準富裕層に近づく道のりかも・・・・